アメリカンルーレットとヨーロピアンルーレットの違いをわかりやすく解説!

ルーレットにはいくつか種類があり、現在よく利用されているのが「アメリカンルーレット」と「ヨーロピアンルーレット」の2種類です。

ここでは、アメリカンルーレットとヨーロピアンルーレットがどう違うのか、それぞれの特徴や遊び方をできるだけわかりやすく解説していきます。

アメリカンルーレットとは?

アメリカンルーレットはその名の通り、アメリカで主流となっているルーレットで、ラスベガスなどの本場カジノでよくプレイされています。

「1~36」までの数字と「0」「00」という数字をあわせた計38スポットが備わっており、ヨーロピアンルーレットに比べると「00」のスポットが1つ多いのが特徴。別名「ダブルゼロ」と呼ばれています。

ヨーロピアンルーレットとは?

ヨーロピアンルーレットはオンラインカジノでよく見かけるタイプで、「1~36」までの数字と「0」の計37個から成り立っています。アメリカンルーレットのように「00」がないので、別名は「シングルゼロ」。アメリカンルーレットと比較するとハウスエッジが低いので、プレイヤーにとって有利です。

また、ホイールの数字の並び方がアメリカンルーレットと全く違い、連続する数字が対角線上に位置していないのも特徴の一つとなっています。

 

アメリカンとヨーロピアンの比較

それでは、アメリカンルーレットとヨーロピアンルーレットの特徴を簡単に一覧にまとめてみたのでご覧ください。

アメリカンルーレットの特徴 ヨーロピアンルーレットの特徴
ランドカジノで主流 オンラインカジノで主流
期待値が低め 当たりやすい
サレンダーが使える アンプリゾンが使える
還元率が低い 機種が多い

 

ルーレットの配当とオッズ

配当はアメリカンもヨーロピアンも同じです。

ベットタイプ 配当 アメリカンオッズ ヨーロピアンオッズ
ストレート 35:1 2.60% 2.70%
スプリット 17:1 5.30% 5.40%
ストリート 11:1 7.90% 8.10%
コーナー 8:1 10.50% 10.80%
コラム 2:1 31.60% 32.40%
ダズン 2:1 31.60% 32.40%
赤黒 1:1 47.40% 48.60%
奇数偶数 1:1 47.40% 48.60%
ハイロー 1:1 47.40% 48.60%

ルーレットの必勝法

ルーレットの必勝法の一つにシステムベットという戦略があります。これは数学的に説明がつく勝ち方で、うまく使うと勝率を上げることができます。それではアメリカンルーレットで有効な方法、ヨーロピアンルーレットで有効な方法それぞれをご紹介します。

シフトベット法

アメリカンルーレットで有効な必勝法。2倍配当の賭け方とストレートベットの賭け方を利用、ルーレット盤を4等分して、エリア内の数字全てに賭けます。

フラワーベット法

アメリカンルーレットで有効な必勝法。1つの数字の周りを囲むように賭ける、簡単なシステムベットです。

ベアビック法

ヨーロピアンルーレットで有効な必勝法。なんと勝率が94.5%!35個の数字に1ずつストレートベットで賭けます。

2/3ベット法

ヨーロピアンルーレットで有効な必勝法。勝率は驚きの98.48%!ベットせずに数回空回しをし、3カ所のうち1カ所に3回連続で入るまで空回しを繰り返して3回連続で落ちたエリアではないところに賭ける、というやり方です。

まとめ

アメリカンルーレットは賭ける場所が多い分、当たりにくくなっているのでスリルを求めるベテラン向け。一方、初心者の方はプレイヤー側に有利なヨーロピアンルーレットがおすすめ!オンラインカジノではどちらも無料で試すことができるので、是非挑戦してみてください!